<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

小谷貞広・一人百首

a0050444_752125.jpg


    もの言いしことさえもなき候補者が

      笑まいつつ吾に手を差しのべる


【写真】選挙開票特報を見入る人々 40.4
     小谷貞広写真集「ゆく河の流れ」1980より


■選挙とは・・・

 小谷のおんちゃんは、政治家ではなかったのですが、前知事の中内さんとは「友達」だったとのこと。中内前知事が中村(現四万十市)へ来た時には、必ず「又、世話になるぜよ」と言って、蜩亭に泊まり、美味しい酒を酌み交わしたそうです。

中内前知事


 政治家が「友達」だったせいでもないでしょうが、小谷さんは選挙が好きだったと見え、選挙の歌は数多く見られます。もっとも、そのほとんどが、巷の選挙風景を詠んだもので、選挙合戦を揶揄した歌が多いのですが・・・。


選挙とはマイクに何か叫びつつ車に白い手をふることか

ベニヤ板に並べて貼らるる候補者のどれもが笑まいておりぬ

山峡に車を止めて候補者がダム反対をくりかえし言う

関が原の戦のような旗を立て候補者が車に雄叫びてゆく

今日もまた選挙の人が訪ね来てたのむと言うによしと答えぬ

選挙速報
 
[PR]
by odani100s | 2006-11-30 07:06 | 小谷貞広・一人百首

小谷貞広・一人百首

a0050444_6304747.jpg


    坂本龍馬にどこかが少し似ていると

        言われ鏡の顔見ておりぬ


【写真】後川橋渡り初め 38.4.2
     小谷貞広写真集「ゆく河の流れ」1980より


■坂本龍馬

 土佐の人たちは、坂本龍馬憧憬にあるごとく聞いた。小谷貞広像には、若干、似かよったところがあるのかもしれないが、いささか異なるタイプであるように思うのであるが・・・。(加藤克巳)

竜馬が四万十川にゆく
[PR]
by odani100s | 2006-11-23 06:31 | 小谷貞広・一人百首

ふるさと(大相撲四万十川場所・5)

a0050444_5571482.jpg


    関取が髷を落して髪別けて

      もとの若者の顔にもどりぬ


【写真】9号台風、鉄橋から見た百笑 38.810
     小谷貞広写真集「ゆく河の流れ」1980より


■昭和38年のこと・・・(2)

 「大相撲四万十川場所」が行われたのは昭和38年10月のこと。その年の8月には、台風9号による豪雨で、四万十川が氾濫。中村の市街地は未曾有の被害を受けた。

 現在、山藤花氏が居寓する百笑も、完全に水没している。【写真】
 
 被害から2ヶ月後の、まだ復旧もままならない中での「大相撲四万十川場所」。今は、もう髷を落して髪を別けているであろう大鵬、柏戸など、昭和30年代の、花も実もある有名な関取の登場に、小谷のおんちゃんをはじめ中村市民は、さぞや元気づけられたことと思う。
[PR]
by odani100s | 2006-11-16 05:57 | ふるさと

ふるさと(大相撲四万十川場所・4)

a0050444_5161153.jpg


  日本の国技といわるる相撲までもが

      覇者は肌黒き外っ国の人


【写真】中学校相撲大会<下田の浜>
     小谷貞広写真集「ゆく河の流れ」1980より


■日本の国技

 小谷のおんちゃんは若かりし頃、腕力も強く、体格も良く、中学時代は相撲で鳴らしたそうです。まだ、相撲が国技といわれていた、よき時代です。

 当時の中村市の中学相撲大会は四万十川の河口下田の浜で行なわれていたそうです。土俵を取り囲む、観客の多さに驚かされます。昭和38年の大相撲四万十川場所が、大盛況だった事が、この写真からもうかがわれます。

 朝青龍、白鵬、琴欧州、黒海・・・など外っ国勢が、再び四万十川にやってきて、「大相撲四万十川場所」が行なわれたら、小谷のおんちゃんは、「日本の国技」を見に行くのでしょうか?
[PR]
by odani100s | 2006-11-09 05:16 | ふるさと

ふるさと(大相撲四万十川場所・3)

a0050444_1831468.jpg


  秋場所のテレビカメラは時々に

     見目よき桟敷の女を映す


【写真】力士街を行く<中村市本町> 38.12.24
     小谷貞広写真集「ゆく河の流れ」1980より

■テレビ桟敷

 写真は、取組を終えた力士らが市街地を闊歩し、その後を観衆がずらりと追っている光景をとらえている。小谷のおんちゃんが振り返る。

『右端が大鵬。暑い時期じゃなかったのに、力士は浴衣一枚でしかもはだしやった。』

 現在はテレビ桟敷で大相撲を楽しむ小谷さんだが、当時はあまり相撲に関心がなかったという。

『大鵬を見ても、それほどうれしいとは思わんかった。けんど、今思えば貴重な資料になった・・・』

 当時、小谷のおんちゃんは、近くで食堂を経営。

『町に出ていた人は多かったけど、食堂の客はいつも通り。もうちょっと、うちも賑わったてくれたら良かったね・・・』

 と、ちょっぴり、ほろ苦い思い出もあるようだ。(井上智仁)
<高知新聞「わが町の100年・20世紀ワンショット」より)>
[PR]
by odani100s | 2006-11-02 18:32 | ふるさと




「蜩亭」の庵主、小谷貞広氏の写真と短歌です。
by odani100s
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新のトラックバック
四万十(しまんと)☆高知..
from ブログの杜-お気に入りブログ..
百人一首
from 気ままに百人一首
四万十川
from いろいろな川ナビ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧