<   2006年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ふるさと(良心市)

a0050444_65856100.jpg

  朝市に車を止めて胡瓜茄子南瓜に

       老婆を降ろしてゆきぬ


【写真】良心市(中村市蕨岡) 37.6
     小谷貞広写真集「ゆく河の流れ」1980より


■四万十川の良心市

 「良心市」と書けば…「無人の市」の事だと思う!無人でも誤魔化しの無い「良心」で成り立つ商売の場所である!

 ところが…
 四万十川ではちょっと違う!「有人で店番」が居るのである!それは「相手を疑っての事」ではない!

  「小銭が無ければ釣り銭が要るだろう!」
  「商品の説明も要るだろう!」
  「不満があってはいけない!」

 かくして「出品者」(店番は「老婆」であるが・・・)が交代で「市」に座る!そして「会話」が生まれるのである。

 考えてみれば「説明責任」「リサーチ」…商売の最先端である!

a0050444_6594757.jpg

[PR]
by odani100s | 2006-04-27 06:59 | ふるさと

四万十川新聞(「小谷貞広」…のなぜ?!)その5

a0050444_662141.jpg

    孫娘がTMSに合格したりわが家に

           蛍火ほどの明るさ


【写真】ミス中村発表会 35.6
     小谷貞広写真集「ゆく河の流れ」1980より

(時代考証:ミス中村は「花子」ではない。花束を渡しているのが少女「花子」である。)


■宝塚音楽学校

 小谷のおんちゃんの孫娘が、TMS(宝塚音楽学校)に合格した。

 この孫娘の歌は、第5歌集「薮柑子」の<木霊(こだま)>の冒頭歌である。この歌につづけて、表題の木霊の歌が掲載されている。

 * 向かいの山に君の木霊を聞きたくて声とどくまで名を呼んでみる
[PR]
by odani100s | 2006-04-20 06:07 | 四万十川新聞

四万十川新聞(「小谷貞広」…のなぜ?!)その4

a0050444_624682.jpg

    すきな道まっすぐ行けと妹へ

     ノート破りて書きしがありぬ


【写真】お正月の日の子供達(西下町) 32.1.1
     小谷貞広写真集「ゆく河の流れ」1980より

(時代考証:手を繋いだ「花子」達の向こうで、一人遊んでいるのが少年「太郎」である。)


■兄と妹

 亡くなった医大生の彼には、かわいい妹が居た!

 先立った翌年の春に、その妹は「宝塚音楽学校」へ合格した!四国でただ一人の合格だった!妹は、すきな道をまっすぐに歩んでいる。
[PR]
by odani100s | 2006-04-13 06:24 | 四万十川新聞

四万十川新聞(「小谷貞広」…のなぜ?!)その3

a0050444_7422542.jpg

    臥す孫がだまりて片手差し出すを

        しかと握りぬ別れなりけり


【写真】墓前 35.1.24
     小谷貞広写真集「ゆく河の流れ」1980より

■別れなりけり・・・

 大きな体格、ぶっきらぼうで遠慮の無い会話…豪快なおんちゃんであるが、一度だけ、このおんちゃんが小さく見えたことがあった!それは孫を失った時のことである。

 20歳になったその孫は医大生だった…が病に勝てずに先立った!

 その時の「おんちゃんの短歌」である!

* 夜通して帰りし孫の亡き骸にわれはわが顔両掌におおう
* 担がれて柩は門を出てゆくに別れは言えず佇ちて見送る
[PR]
by odani100s | 2006-04-06 07:42 | 四万十川新聞




「蜩亭」の庵主、小谷貞広氏の写真と短歌です。
by odani100s
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のトラックバック
四万十(しまんと)☆高知..
from ブログの杜-お気に入りブログ..
百人一首
from 気ままに百人一首
四万十川
from いろいろな川ナビ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧