小谷貞広・一人百首

a0050444_634238.jpg



    うつむて妻が書く清少納言が

      使い古るしたような文机


【写真】真夏の昼下り<南桜町にて> 33.9.21
     小谷貞広写真集「ゆく河の流れ」1980より


■今日のひと日

 私事だが、私にとっての幸いといえば、妻と小さな諍いをしながらも、どうにか今のところ、これという病気もせずに二人が生きているという、ただそれだけのことかもしれない。

 それも今の世の中で、明日から先はどうなることやら、まあ、そんな先のことは考えないようにして、昨日の前の遠い過去のことも忘れ、せめて今日のひと日を、下手な歌でも作りながら、日暮れを待つことにしよう。(蜩亭にて・小谷貞広)
[PR]
by odani100s | 2007-02-15 06:03 | 小谷貞広・一人百首
<< 小谷貞広・一人百首 小谷貞広・一人百首 >>