カテゴリ
全体
蜩亭
ふるさと
かみさんの歌
短歌と俳句
四万十川新聞
小谷貞広・一人百首
未分類
以前の記事
2008年 06月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ


小谷貞広・一人百首

a0050444_601975.jpg


  内視鏡下より入れて飲食の

   菅の終りを映されている


【写真】四万十川鉄橋下 37.7
     小谷貞広写真集「ゆく河の流れ」1980より


■ただごと歌

 叙景を歌うのは一見やさしく見えて案外むずかしいものだ。ただ見たままを歌にすれば、ああそうですかといわれ平凡な「ただごと歌」になってしまう。(小谷貞広)
[PR]
by odani100s | 2006-12-28 06:00 | 小谷貞広・一人百首
<< 謹賀新年 かみさんの歌(美人薄命) >>